億トレ

NISA前に売らなくてよかった億トレ実践者のつぶやき

 

東京都 AOさん

 

NISA前に株を保有していても不利になるから売った方がいいって言われてましたよね。
その後にNISA口座で購入すれば配当金とか非課税だからお金が引かれないって思ったのですが、
よく考えると長期保有を考えている人はあまりNISAを考えてはいけないと思います。

 

株の世界の中では100万円くらいって大した金額じゃないですしね。
それに、NISAの時に売りが先行していたので、結構小口の株の値動きは下がっていたんです。
だから手放したいって思う人も多かったと思います。
よく、株をやるのに向いている人は、損切りができる人とか言われますからね。

 

でも、当時損切りしなかった株は軒並み反発して値上がりしたんです。
だから心の底から売らなくていいな〜って思いました。

 

ちなみに私の場合は億トレという銘柄配信サービスを
使っていましてしかもその配信された銘柄をきちんと精査することで利益を出しています。

 

このようにイベントごとで値動きがあるっていう時に、ちゃんと時流にのれる人は売り買いをしたらいいと思うのですが、
できない人はメディアに振り回されないように、ちゃんとなぜ株の値を動くのを頭に入れておくことが大事だと思います。

 

めったに来ない勝どきでした

 

京都府 小松さん

 

株式投資を初めてかなり長期になりますが、基本的にあまりよい目にあったという記憶は少ないと思います。
しかし、一昨年の後半から去年の前半の半年間くらいは私が株式投資を初めておそらく2回目と考えられる良い時期であったと考えられます。

 

一度目は経験者では誰でも語り草となっているバブル時代です。そしてこの間のものは衆議院総選挙からいわゆるアベノミクスと呼ばれるときであります。

 

今から考えてみれば株式投資の基本といわれる経済指標をかなり無視したような急激な上昇であり、逆に言えばほとんどの投資家がそのころには利益が出たと思われます。

 

しかし、悲しいかな素人投資家ではバブル崩壊や昨年の暴落時に対応ができず大きな損失を出したという人もほとんどでしたでしょう。
それでも特に昨年の暴落時を我慢して保有していたような投資家はかなりの部分を取り返していると考えられます。
よくいわれることですが、相場に生き残っていればいいこともあるのかもしれません。

 

そういう私はプラチナターボFXというシグナル配信のFXでコツコツ儲ける手法がいま一番熱いです。
スキャルピングならアベノミクスの影響をほとんど受けませんので手法を多くもつことによってリスクヘッジとなると感じています。
株であることとFXであることの違いもリスクヘッジのひとつです。
特にプラチナターボFXはナンピンもないし実際使ってみて硬派なスキャルピングシグナルシステムで安定していると考えています。